hareのブログ

50代独身女+猫。400万円の長い借金生活が終わり、17万円の給料で分譲団地を頭金ゼロで購入。
借金返済生活、過払い金返還、猫との生活、自炊初心者、老後のための貯金ゼロからのスタートなど色々。

貧乏人の家族事情1

三連休の中日に母と弟が、私の住んでいる団地に来ました。
しんどかったです。


表向き、母とは良い関係です。
よく一緒に出かけたりしていました。ですが、疲れます。


私は子供の頃から常に自分の家族を傍観していました。
その中で、自分の立ち位置を決めていました。


物心付く前から、両親のケンカは日常茶飯事でしたし、
その原因はいつも「お金」でした。
「うちにお金があれば・・・」いつも思っていました。


お金がない家でしたし、弟がいましたので、いつの間にか我慢する事を覚えました。
大人になって自分で稼ぐようになっても、数年はほとんどのお金を家に入れていました。


自分でお金を管理をするようになり、家には「食費」という形で入れていましたが、
私はあの両親の子なので、お給料の管理が出来ず、気軽にキャッシングを重ねるようになり、
いつしか借金が膨らんでいきました。


両親も色んな所から借金をしていました。
借金中の私にもお金を借りに来ていましたし・・・。


そもそもの原因は父だと思っていましたから、母が犠牲になっていると思いました。
そこから救い出してあげるのは私しかいない。そう思っていました。
でも結局、母は父の元を離れませんでした。


弟は病気があるので働いておらず、今も両親と同居です。
私は近くで家を借りていましたが、去年、団地を買いました。


色んな事を思い、考え、これからの事を沢山考えました。
考えて出した結論が「この家族から離れよう」でした。


同じ市内ですが、そこそこ距離があります。
もう、いい年なので自転車で来る事はできないでしょうし、
市バスで来るには面倒なので安心していましたが、たまに来ます。バスに乗って・・・。


この三連休、私はちょっとしたDIYをするつもりでした。
母が「弟に手伝ってもらったら?」と。
はっきりいって、一人の方がいい。
時間掛かっても、失敗しても、自分でする方がいい。


弟は病気で、ひとつひとつ(行動も何もかも)遅いので、
つい、イライラしてキツイ事を言うのが気に入らないみたいです。


そのうち母が、「そろそろ時間なので帰ろう(弟に言った)」と言った後、
挙句の果て、「頑張って手伝ったから、お小遣いもらったら?(私から)」と。


いやいや、何それ。


勝手に来ると言われ、勝手に手伝うと言われ(途中まで)、それでお小遣いもらったら?って何?


もう、考えるのも言い返すのも嫌だったので、2,000円渡しました。
この2,000円は家計簿の出費には入れていません。
(2時間程の手伝いなら2,000円で十分でしょう。)


母は、「お昼ご飯代も出たわ」って言っていました。
もうね、その言葉を聞いて(早く帰ってくれ!)と心の中で怒鳴りました。


いったい何がしたいのか分かりません。


私が母に対して、そんな風に思っているなんて、思ってもないと思います。
表向きは仲の良い親子ですもん。


都合のいい時だけ「分かってくれるのは、おねえちゃんだけ」って平気で言える母です。
そんな母の言葉に「何とかしてあげなきゃ」と、
長年思ってきましたが今はもう何もありません。


貧乏でも猫とまったり暮らせたらいいんです。


私の体調が悪くなろうが、猫の調子が悪くなろうが、一人でやります。できます。
猫が膵炎でぐったりしている時、「近くだったら様子を見に行ってあげられるのに」と言っていたのを思い出しました。
いいです、いいです。後で何を言われるか分かりませんから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。