hareのブログ

50代独身女+猫。400万円の長い借金生活が終わり、17万円の給料で分譲団地を頭金ゼロで購入。
借金返済生活、過払い金返還、猫との生活、自炊初心者、老後のための貯金ゼロからのスタートなど色々。

貧乏人の嘘つきが嫌いな事情

私の会社に絶対にマイナス的な事を言わない人がいます。


それって、常にポジティブ~♪
いいね、いいね、きっと成功哲学の本には真っ先に載ってそうな言葉。


って、思うでしょう?
私はこの人の、どんな時も、絶対に自分の口からマイナスの言葉を言わない
この人が大嫌いです。


社長の旦那様(今年70歳)で、病気(三大疾病含む)色々病気がある人です。
癌になっても、血管が詰まって倒れても、心臓が止まっても、死なない人です。
ここだけ読んじゃうと、hareさんって酷い人・・・って思うでしょう。


でもね、自分に対してマイナスの言葉を言わないなら分かります。
自分を高めるイメージトレーニングのように。


この人は違います。誰に対しても「良い事」しか言いません。
些細な事でも、どんな人にも、「良い事」しか言いません。


例えば、「あなた気にいったよ。いつでもうちの事務所を使ってくれ。
そこに机があるし、パソコンもあるからおいでよ」とか、


「今度、一緒にご飯食べようよ。あなたに美味しい物を食べさせてあげたい」とか、


「何回も死に掛けているから、今回会うのこれで最後かもしれないから」とか、
(これは同情を誘う)


まぁ、ここに書いた例はほんの軽いものですが、何が嫌いって、
良い事しか言わない人は、それが口癖になっているので、全然本気じゃないと言う事。


「あれ?そんな事言ったっけ?」ぐらいにしか思っていません。
今までにも本気にしていた人を見てきています。
私もその一人でしたが、早々に嫌いになりましたので、適当にあしらっています。


この人は事あるごとに「もう死にそう」とか、「これが最後かも」とか、
色々言いますが死んでいません。
(勝手に”死ぬ死ぬ詐欺”と呼んでいます)


自分の口から良い事を言うと気持ち良いんだと思います。
私もちょっと想像してみると分かりますもん。


でも、やっぱり嫌だな。嫌い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。